素材のイメージ

Material

時代遅れのションヘル機が作る密度が柔らかくしなりのある生地

CALSAに使用するのは、葛利毛織の生地。日本に数台しか残っていないションヘル織機で織り上げられています。糸を巻き替える作業だけで2日。1反あたり約6000本の経糸をすべて手作業で織機にセットしていく作業だけで3日。そして、通常の3倍以上の時間をかけた超・低速で織り上げていきます。

その時間と手間があるからこそ生まれる、独特のはり、こし、ぬめり。その上質感は、目でも、肌でも感じることができます。長く愛用いただけるトラウザーズにふさわしい生地です。

今や、このような製法はヨーロッパでも大変貴重で、葛利毛織の生地は世界のハイブランドからも注目されています。

about 葛利毛織

創業1912年、毛織物の産地・尾州で100年以上続く生地ブランド。その生地の品質は、世界的なデザイナーやブランドからも信頼される上質なもの。DOMINXの名で知られている。

葛利毛織
Kuzuri Keori
MADE IN JAPAN 葛利毛織のイメージ
葛利毛織のイメージ 葛利毛織のイメージ
葛利毛織のイメージ 葛利毛織のイメージ

Fabric

葛利毛織の生地から、
トラウザーズに最適な生地を厳選。

フレキシブルに活躍するカラーとパターン、なおかつトラウザーズに仕立てた時の着心地が良い生地をセレクトしました。
長く愛用でき、着こなしの幅を広げてくれるセレクトです。

イラスト